misoraわーるど

~パニックママのはなまる生活~      家族とともに、病気と共に。         てんやわんやなmisora家の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        「土曜日のこと」 の続きです。





高熱と、大汗を交互に出しながら、月曜日のお昼過ぎまで、私は仏壇横の湿った布団に寝続けました。




    月曜日。



今日は月に一回の(本来の病の)診察日です。




そして今は家庭訪問週間でもあり、子ども達は4時間で帰ってきます。




 
帰ってきたあーちゃん 


わたし 「晩ごはん、よう作らんかった…。


         これでなんか買ってきてー…。」




お金を渡しました。 





するとあーちゃん は意を決したようにこう言ったのです。






あーちゃん 「よし。

         今日は晩ごはん、アタシがカレーを作るわ。



        いつもkumiがどんなに大変な思いをしているか、




           思い知ってやるわ{%びっくり1webry%}」 






ツッコミどころが満載なセリフですが、あえて一言もツッコミません。








病院は、なんと連休明けだからか、めっちゃ混んでいました。





家に着く頃には、もう8時前です…。



わたし 「ただいま…。」



あーちゃん 「おかえり。

        はよ、食べやー。」 




      『あーちゃん特製カレー サラダつき』

画像




わたし 「うわ~~~

      おいしそう~~~~」 
 



カレーに入っている黒い何かは、きっと何かが焦げたのでしょう、気にしません。


盛り付けてくれたカレーが全部ご飯を隠していますが、そんなこと気にしません。


サラダのドレッシングはなんと、家庭科の教科書を見て作ってくれたそうです。


分量を聞くと、一人分なら、塩は「小さじ6分の1杯」 …なんて高度な分量なんだー!






そして、向こうに飾っているお花 



ゆうぽん 「学校から帰るとき咲いてたねん。


         ママにあげようと思って持って帰ってきたねん。」
 



わたし 「わぁ~い~! ありがとう~~❢ 」

どきどきどきどき…!



わたし 「よそのおうちのお庭に咲いてた?」



ゆうぽん 「ううん!

       工事してる土のところー!」 






どこや…?

…なんかわからんけど、よそのお庭のじゃなかったみたいだ。 ホッ




わたし 「今まで食べたカレーの中でいっちばんおいしーーーー!!  



あーちゃん 「アタシもそう思うー!」 



疲れも熱も吹っ飛びました~



あ…熱…。


何の熱か分かった…。






   結論     家庭訪問で緊張しすぎ の熱





また怒られるから、誰にも言わんと~こぉ…!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へにほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。