misoraわーるど

~パニックママのはなまる生活~      家族とともに、病気と共に。         てんやわんやなmisora家の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     月に一度の診察日でした。


本(『かけてナンボの迷惑や』)に書いた橘先生は転勤されることになり、今月から新しい男の先生に変わることになりました。







初めての人と話すのがとても苦手な今の私。



蚊の鳴くような声になってしまいます。




それは、恥ずかしいとか、緊張しているとか、そういうのではなく…。


どれだけ頭で整理されていても、話す内容があちこち散乱し。




そして、最初の第一声を発するのが、とても大変です。







何故かはわかりません。



これも症状の一つのようです。






でも、でも、私は半分もう治った気持ちでいたのです。



そして新しい先生のことも、軽く考えていたのです。




夕ご飯のカレーとサラダを作り


「遅くなるから食べといてね~。」



と、いつものように車を走らせました。









自分に自信が戻りつつあったのです。 








なのに。。。







初めての先生を前に、まったく同じ症状。






蚊の鳴くような声。

第一声が出ない。


支離滅裂の内容。





「まだ、治ってないんだよ!」



って事実を突き付けられたようで…とてもショックでした。





情けなくて、帰りの車の中で、わんわん泣いていました。







ちょうど信号で止まっている時、電話が鳴りました。





…明るい声で出よう。





「もしもし!? あーちゃん?

  
  もう、ごはん食べた?」













「ママー!







 
  ごはんスイッチ入ってないやん 








                  米やん  」













    ごっめーーーーーーーーーん









悲劇のヒロインはあっさりと幕を下ろされたのでした~。






くっそ~~!


こうなったら、次回の診察日には、ペラペ~ラしゃべりまくってやるぞーーー






夕日に向かって、私はそう誓ったのです。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へにほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。