misoraわーるど

~パニックママのはなまる生活~      家族とともに、病気と共に。         てんやわんやなmisora家の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さて、お伊勢さん参りで 

世界平和
 をお願いしたあーちゃんですが、最近また、新しく怖いことができたようで

す。




「ママー。




  アタシな、







   酸素 がなくなったらどうしようって思ったら、寝られへん。」









どうやら   について色々考えているようなのです。





「苦しんで死ぬのはいややねん。」





   …小学5年生です。








そこで、「お迎え」の話をしてみました。




「別に病気やけがとかじゃなくてもな、年いって、おばあさんになって、

寝てたらな、あるときあの世から「お迎え」が来る時があるん

やって。


先にあの世に行ったおじいさんとかがな、


「お迎えにきたよ。 さぁ一緒に行こか~。」  って。




ほんならおばあさんも、


「あ~、おじいさん来てくれたんですか。 ほな、いきましょかー。」 


って、ほんで、スゥ~て、眠るように死んでいくんやって。」








するとあーちゃんは目をキラキラさせて



「えーーー?!



 そんな死に方もあるん?



ええなぁ~。 アタシもそんな風に死にたいわ~。




あ~安心した。



苦しまんと、そんな死に方もあるんや~。」









何度も言いますが、小学5年生です。








自分が小5の時、どんな死に方をしたいか、なんて考えたことがあったでしょうか、いや、ないです。







「だからいいこといっぱいしような。


 楽しいこといっぱいしような。」





というと、「ウン 。









死に方を考えて生き方を考える。







私が教えながら、あーちゃんにとても教えられた夏の夜、でした。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へにほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。