misoraわーるど

~パニックママのはなまる生活~      家族とともに、病気と共に。         てんやわんやなmisora家の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆうぽんの怪我、ご心配いただき、ありがとうございます。



あーちゃんの骨折、治ったとこやん…ゆうぽんかかと、治ったとこやん…

なんで、なんでまたこんなに指、ぐにゃ~曲がってん



と、次々続く子どもの怪我に、私の心が折れそうになりましたが、

なんとか持ち直し成功です。 




ぐにゃ~曲がった指は、ぎゅーーーーーーーーーーってまっすぐに整復してもらいました。

(ゆうぽん、大号泣



私の心もぎゅーーーーーーーーーって整復されんのいややから(めっちゃ痛そうやん)

自分で起き上がりましたよ 



子どもに怪我はつきものです。

なってもうたもんはしゃぁないから、しゃぁないなぁって笑ときます。
(整復されんのこわいから)







今日は、ピアノの発表会のお話です。(長いです) 




前回から1年半、7月の初旬に、ピアノの発表会があります。 



そして5月に右手小指を骨折してしまった、あーちゃん…。 




5月1か月はピアノをお休みしていました。


1か月くらいで治るでしょう、と言われていましたが、6月になってもまだ痛みは続き…。



バスケは続けているものだから、少し変なふうにボールが当たると、

また痛みが倍増する、そのくり返しなのです。





「もう、発表会出れへんから!」

「だって、練習でけへんのに、出られへんやん!」





日が迫るにつれ、かなりピリピリしています。 




弾けないことはないと思うんです。


痛みはあるけど、お医者さんに止められているわけでもないし、

バスケも、痛いながらもやっているし。 


でも発表会の話をすると、家じゅうに稲妻がビリビリビリッ!! 



恐ろしくて、そんな話、できませんでした。






そんなある日、あーちゃん達のバスケの試合を見に行く機会がありました。


びっくりして…。



もう、真剣そのものなんです。

すごい必死なんです。


右手の小指は、その1試合1試合に、限界まで使っているんです。



そんな姿を実際に見て、発表会までは右手セーブして使って~なんて、

とてもじゃないけど言えない、と思いました。




実は一番最初にあーちゃんが「発表会無理かも。」と言ったとき私は



「あかんよ!

 もうお金も払ったし、先生もうプログラムも作ってくれたし!」




って、頭ごなしに拒否したんです。



あーちゃんにしたら、それがものすごくプレッシャーになっていたんだな…と思って。




なにも頑張らず、ただちょっと痛いからメンドクサイことはやめとく…じゃなくって、


こんなに一生懸命頑張ってることがあるんやもん。


あれもこれも、そんなに頑張らんでもいいわ。



と、思いました。






先生にも私から、発表会は無理かもしれません、と伝え、

とりあえず6月1回目のレッスンには行って、今後のことを先生と話しておいで、とあーちゃんに言いました。



私の態度が軟化したことで、あーちゃんは少しほっとしたようで、

レッスンには行きました。



そして帰ってきて…





「発表会、出ることにした。」  と、ポツリ。




「え!? 弾けるん??」  と聞くと


「今日弾いた。 最後まで弾けた。」  と、またポツリ。




これ以上聞くと、また稲妻が走ったら困るので、次の日先生に聞いてみると。





まずあーちゃんは、出ない気満々で教室に来て、

楽譜も持たず、ピアノの椅子に座ったようです。  


先生はあーちゃんと少し話をし、出たい気持ちはあるけど、

まったく練習していないので自信がないだけだ、と思われたそうです。



そこで先生は、即興で少し簡単にアレンジし、心をこめて弾いてくれたそうです。

これであーちゃんの心に届かなかったら、自分の力不足だ、と思って。



そして弾き終わったときにあーちゃんを見ると、自らサポーターを外し「弾いてみる。」と。



その後の演奏は最初に弾いた時と比べものにならないほど気持ちがこもっていて、

本当に感動しました、とおっしゃってくださいました。




その次の日から今日まで、毎日ピアノの練習を続けています。 




先生のそのお話に、私は感動しました。


あーちゃんのために、こんなやる気のない、プログラムが出来上がった後に出るたら出れへんたら

面倒くさいことを言うような子のために(そこまで言わんでもいい)、ここまで心を砕いてくださって、


本当に素晴らしい先生に巡り合えたなぁ、と、本当にありがたく思いました。





その上、もし、これから先バスケをする中でまた指を痛めて、どうしても弾けなくなったら、


当日棄権、って形をとってもいいよ、と、逃げ道まで与えてくださって、



そのことはあーちゃんにとって、がっちがちにまとっていた重い鎧をどさっと脱ぎ捨てたほど


プレッシャーから解放されたみたいで、あれ以来家の中に稲妻を走らせることがなくなったのです。





あーちゃんの対応に毎日毎日、悩んでいるこのごろですが、


子どもは親だけでは育たないなぁ、とつくづく思いました。



関わる全ての人に育てられて人格は作られていくんだなぁ、と、改めて感謝です。 




発表会当日まで、果たしてどうなるかわかりませんが、

たとえどんな結果が出ようと、私はこの過程に満足しています。





そして、そして、











            私も発表会に出ます…。     ポツリ。








きゃーーーー


プレッシャーに押しつぶされそうなのは、実は私の方かも




が、が、が、がんばりますっ 








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。