misoraわーるど

~パニックママのはなまる生活~      家族とともに、病気と共に。         てんやわんやなmisora家の日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 温かいコメント、ありがとうございました。 



無事に、お通夜、お葬式、お骨あげ、、お寺さんでの法要、初七日、済ませることができました。



おばあちゃんはとてもきれいなお顔をして、ほんのりお化粧をしてもらい、

おじいちゃんのもとへ旅立って行きました。





子どもたちは、4時間目まで登校し、早退してお葬式に参列させました。




おばあちゃんが生前からよく、お葬式は着物着てな~、と言っていたので、

私たち孫も、全員、喪服を着せてもらいました。




パパは私の体力と心を心配して、服着て行け~(裸でいくという意味ではなく…)と言っていましたが、全然大丈夫、

かえって凛とした気持ちを保てたように思います。







最後の献花や、お骨あげなど、子どもたちには初めてのことばかり。


どのひ孫よりも好奇心旺盛で、前へ前へ、自分が自分が、オレがオレが、な、うちの二人組でした。 








おばあちゃんとは、私が病気になったこともあり、もう数年会っていませんでした。


ところが、ほんの二か月程前、突然電話があったのです。



「kumiか~?

 おばあちゃんな、おまえに会いたいんや~。

      今日、来てくれるか~?」




って。



私、飛んでいきました。


たわいもない話をして、また今度子どもら連れてくるわ~って、それで数日後に子どもたち連れて行って、



あーちゃんには、べっぴんさんになったなぁ~って。

ゆうぽんには、かわいらしなぁってずっと手を握って。



それから少ししておばあちゃんが入院し、4人でお見舞いに行くと、すっかり顔が変わっていて弱々しくなり、その数日後に亡くなりました。






虫の知らせだったのかもしれません。



でも、おばあちゃんは私に後悔させることもなく、

そして、元気な時、弱々しい時、そして亡くなった時、骨になってからも、

おばあちゃんはとても大きな命の授業を子どもたちにもしてくれました。





私には、おばあちゃんが、私が元気になるのを待っていてくれたとしか思えないのです。



その気持ちに応えるべく、最後まで式にはしっかり出ようと思いました。

そしてそれには、喪服は、最適の衣装でした。




93年生きたおばあちゃんの偉大さを、心より尊敬してやみません。




       おばあちゃん、ありがとう。 







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へにほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ


コメント

そうなんだよね。
おばあちゃんって死をもってまで何かを伝えることができるほんとにほんとに偉大な存在なんだよね。
あーちゃんもゆうぽんもいっぱい何かを感じてるだろうな。

落ち着いたらトイレの女神様っていう歌をぜひ聞いてみてね。偉大なおばあちゃんの歌。涙がとまらなくなるんだ。

kumiちゃんは元気な姿をおばあちゃんに見せられて本当によかったね。
2010/05/31(月) 12:48:22 | URL | あや #aR5DLEYU [ 編集 ]

お悔やみの言葉が見つかりません。

このようにブログをしたためて離島の鶴を泣かせているkumiさま、おばあちゃんがおっしゃられたこと、微笑みかけてくださったこと…、沢山の思い出はkumiさまの中にずっとずっと存在して支え続けてくださることと思います。 

葬儀のお式一連が終わると急にぽっかりしてしまうものです。 どうか kumiさまはじめご家族のみなさまがた、お疲れが出ませんように。

お祖母様のご冥福を離島よりお祈りいたします。合掌。
2010/05/31(月) 17:28:43 | URL | 鶴 #w0Z5NzB. [ 編集 ]
こんばんは(^^)
そっか・・・
ちゃんと元気になった姿を見せることが出来たんですね(^^)

虫の知らせって、あると思います。
おばあちゃんにとって、kumiさんは特別な存在だったのかも知れません。
これからも変わらず、すぐ傍で見守ってくれていると思いますよv-353
2010/05/31(月) 18:57:07 | URL | 幸 #- [ 編集 ]
素敵なおばあちゃんですね!
こんばんわ、kumiさん。。

そうやったんですね、きっとおばあちゃん元気なうちに皆に逢いたかったんでしょうね。
そして、ひとりひとりに自分の言葉で伝えたかったんでしょうね。
本当に素敵なおばあちゃんですね!
これからは、天国からずっとkumiさんはじめkumiさん家族を見守ってくれていますよ。
優しい心で・・
お寂しいこともあるかも知れませんが、その時は必ずkumiさんの横に優しいおばあちゃんはやはるしね!
2010/05/31(月) 23:32:24 | URL | さすらいの阿呆鳥 #- [ 編集 ]

あやちゃんへ。

ありがと。
そうなんだ、棺の中のおばあちゃんの顔、あーちゃんが触って、「つめたい…!」てびっくりしてた。
そして、骨になったとき、悪い方の足は、骨が砕けてたんだ。
こんな風に、こんな風に教えてくれるなんて、ほんとにすごい…!と思ったよ。

トイレの神様、知ってるよ♪
私も初めて通して聴いたとき、涙がボロボロとあふれてヤバかった。
この記事書いてる時も、脳内BGMで、この歌が鳴りっぱなしだったよ。
2010/06/01(火) 10:27:25 | URL | kumi #- [ 編集 ]

鶴さまへ。

私たちのために涙を流してくださって、本当にありがとうございます。

おばあちゃんの死に、勇気をもらうなんて変でしょうか。
最後まで自分の死をもってあとのものに生、死、を教えてくれたおばあちゃんを見て、しっかり生きよう、生ききろう、と思ったのです。

ご心配いただいてありがとうございます。
私は、大丈夫です。
2010/06/01(火) 10:32:17 | URL | kumi #- [ 編集 ]

幸さんへ。

ありがとうございます。
最後に私や、子どもたちの元気な姿を見せることができて、本当によかった。
虫の知らせに従って電話してくれて、そして私も飛んで行けて、本当に良かったです。
これが少し前なら、私も会いに行けていたか自信がありません。
そしてずっと後悔していたでしょう。
おばあちゃんに、ただただ、感謝です。
2010/06/01(火) 10:34:45 | URL | kumi #- [ 編集 ]

さすらいの阿呆鳥さんへ。

ありがとうございます。
きっと元気なうちにみんなに逢いたかった、その通りだと思います。
自分で悟っていたのかもしれませんね。
無事に天国についたでしょうか。
心の中で生きているおばあちゃんは、にこにこと、とてもいい顔をしています。
2010/06/01(火) 10:37:11 | URL | kumi #- [ 編集 ]

あてもそんな人生の終わり方が理想です。
2010/06/01(火) 23:58:38 | URL | オでびん #- [ 編集 ]
こんばんは
命の授業・・・kumiさんの・・・この言葉に感銘を受けました。



私の祖母と祖父も一昨年とその前年にそれぞれ生涯を終えたんです。
どちらも最期はボケてしまって孫の私は父親に「もう誰か分からないからと」見舞いに来なくていいからと言われていました。(最期に会ったのはお葬式です)

鳥取県なのでなかなか行けなかったんですが、ボケる少し前に無理にスケジュールを作って遊びに行って、うちのひ孫たちを会わせることが出来ました。ひ孫としてお話が出来たのは何人かいるひ孫の中でうちの長女と次女だけだと思います。(※三女はまだ生まれていません)
長女は初めて会ったのに「大きいおばあちゃん」と言ってなついていました。
これが命の繋がりなんだなぁと感じたのを覚えています。
我が家にはその時、祖父がくれた大きな瓢箪があって今も和室に飾っています。





あ、すいません、私事ばかりのコメントで。(爆)


でもあーちゃんもゆうぽんも何かを感じたことでしょう。
kumiさんのおばあちゃん、93年、いろんな苦楽があったことでしょう。敢えて書きます。「お疲れ様でした。」
2010/06/02(水) 00:02:15 | URL | ふしぎ男 #EqFhQBps [ 編集 ]

涙がでてきちゃいました

虫の知らせってあるんですね

でも、そうしておばあちゃんの元気なときに
ゆっくり、温かい時間を共有することが
できて本当に良かったですね



2010/06/02(水) 09:29:41 | URL | こもも #- [ 編集 ]

オでびんさんへ。

そうですね。
そんな生の終え方、本当にすごい、と思います。

ところでおデビンさんと同一人物でよろしかったですか?

2010/06/02(水) 10:39:51 | URL | kumi #- [ 編集 ]

ふしぎ男さんへ。

いえいえ、貴重なお話を聞かせていただいて、ありがとうございます。
そうだったんですか。
その前に、無理を推して会いに行かれたことも、もしかして何かの虫の知らせだったのかもしれないですね。
あのとき行っていてほんとによかったと、きっとそう思われているでしょう。
あとのものに後悔させない生き方、お年寄りの偉大さをほんとに感じます。

私ももう一度

「お疲れさまでした」
2010/06/02(水) 10:44:25 | URL | kumi #- [ 編集 ]

こももさんへ。

泣かせちゃった。
泣いてくれて、ありがとう。

おばあちゃんの偉大さを思うと、私たちなんて、どんなにがむしゃらでいても、まだまだはなったれ小僧だなぁと、思います。
だからこそ、少しでも近づけるよう、精いっぱい生きていきたいですね。
2010/06/02(水) 10:46:55 | URL | kumi #- [ 編集 ]

ごぶさたです。
時々立ち寄ってはコメントするヒマもなく読み逃げばかりでした・・・^^;

命燃え尽きるまでその尊さを教えられる。
一生懸命生きてきたおばあちゃんだからこそできることですね。
たくさんの子、孫、ひ孫に見送られてさぞ幸せだったでしょう。
あーちゃん、ゆうぽんもすごい大きな経験をしたと思います。
そしてkumiちゃんにも。
「完治」までこれまた大きな一歩になったのでは?


いっくんが最近「死」を恐れて、「大きくなる」=「死に近づく」という概念ができていて、時々そのことを思い出しては「大人になりたくない」としくしくと泣いています。
寿命による「死」は怖いことではない、それまでにいかに一生懸命、楽しく人生を過ごすか、子孫を作って幸せを伝えていくか、など懇々と話をしますが、やはり5歳児には難しいようで(--;)


いっくんもあーちゃんやゆうぽんみたいな経験をすれば少しは変わるかな?
あ、おばあちゃんに早く死んでくれということではなくて・・・。
週末にでもおばあちゃんのところへ行ってみよう♪

それではまた気が向いたら現れますm(_ _)m
2010/06/02(水) 13:05:34 | URL | どらむすこ #- [ 編集 ]

携帯からお邪魔した時はカタカナと平仮名を反転させています。

以後宜しお頼み申し上げます。
2010/06/02(水) 22:44:28 | URL | オでびん #- [ 編集 ]

どらむすこさんへ。

わぉ~、なんておひさしぶり~!!
お元気してましたか~?
時々のぞいてくださってたのねー。
まぁ、こちらはこんな感じでやってますゎ。

いっくん「死」が怖いって?
そんな時期あるよね、死んだらどうなるんやろって、こわくてこわくて。
あーちゃんがちょっと前まで(たまに今も)そうだったなぁ。
ゆうぽんはまったくないなぁ。
いっくん、感受性豊かなんやね?
早いよね??
でもそうやって、だからこそいっぱい楽しいことして生きよう、一生懸命生きよう、って楽しそうに話してくれるお父さんを見てるのって、いいことやと思うよ。
頭ごなしに「泣くな―!」とかじゃなくってね。
理解まではいかないかもしれないけど、なんか、そんなに怖いことでもないんかな~って、そう思ってくれたらいいね。

思い立ったときに、おばあちゃんに逢いに行ってみて♪
また、コメント待ってます♪
2010/06/03(木) 22:22:58 | URL | kumi #- [ 編集 ]

オでびんさんへ。

なるほど、そういうシステムだったのですね。
了解しました♪
2010/06/03(木) 22:24:19 | URL | kumi #- [ 編集 ]

ずっと心に刻まれ、生き続ける。
おばあちゃんの人生の先に、kumiさんやあーちゃん、ゆうぽんの人生が繋がっているのですね。

おばあちゃんの旅立ちに出会えたことにありがとうと言わせてください。
2010/06/06(日) 06:34:44 | URL | にんちき #- [ 編集 ]

おばあちゃん、亡くなられたのですね・・・。
おばあちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

自分も祖母が亡くなった時のことを思い出します。。。
人の死に立ち会うと、逆に生きるということを
意識させられるものですね。
お葬式のあとも、色々な行事があると思いますが
無理なさらずにお過ごしくださいね。
2010/06/07(月) 10:39:46 | URL | 凪 #mQop/nM. [ 編集 ]

にんちきさんへ。

「命はずっとつながってるんやで。」
言葉でどんなに教えても、こんな実体験に勝るものはありません。
このようなシーンに、立ちあってくださって、こちらこそ、ありがとう。
2010/06/07(月) 11:15:25 | URL | kumi #- [ 編集 ]

凪さんへ。

ありがとうございます。
死と生は表裏一体。
こういう場面にいると、実感します。
そして、生きることへ勇気をもらいます。
目に見えないパワーを感じます。
2010/06/07(月) 11:16:56 | URL | kumi #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://misorashido03.blog72.fc2.com/tb.php/112-77152c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。